JOIFAとは

目的(定款第3条)

オフィス家具、各種施設家具並びにその周辺についての調査研究、情報の収集・提供・公開により、広く普及啓発することによって、オフィス家具産業の健全な発展を図ると共に、我が国産業経済の発展、社会、文化の向上に寄与することを目的とする。

事業(定款第4条)

  1. 1)オフィス家具等に関する調査及び研究
  2. 2)オフィス家具等に関する学術の振興
  3. 3)オフィス家具等に関する普及啓発
  4. 4)オフィス家具等に関する人材の育成
  5. 5)オフィス家具等に関する規格・規程の制定及び整備
  6. 6)前各号に掲げるもののほか、本会の目的を達成するために必要な事業

会員種別(定款第5条)

  1. 1)正会員
    オフィス家具の製造・流通・販売及びその利用方法の指導・研究事業を営む法人とする。
  2. 2)賛助会員
    正会員に該当しない者で、本会の目的に賛同し、その事業に協力しようとする法人とする。

組織内容

  1. 1)委員会
    • 政策委員会
      JOIFAの進路を検討し、目標を掲げるための調査研究。
    • 調査委員会
      コンプライアンス、労務等の調査研究。
    • 環境委員会
      リユース・3Rの指導、グリーン購入法・クリーンウッド法など法令の研究を通してユーザー対策を図る。
    • 学術・人材委員会
      業界を担う次の世代の教育と指導。学術の分野への貢献。
    • 普及啓発委員会
      公益目的事業の実施。
  2. 2)部会
    製品別の9部会(机部会・椅子部会・収納家具部会・棚部会・間仕切部会・学校家具部会・学習用家具部会・ボード部会・金庫部会)は、それぞれ専門分野の研究を通してユーザーの使い易さ、ユーザーの安全・安心の見地からの規格面等を研究する。表示・PR部会はグリーン購入法の普及の方法、製品統括部会は、それぞれの家具の製品の共通化、整合性を部会代表が審議研究、知的財産部会は、商標や特許など知財について研究を行なうものとする。また関連部会はオフィス家具生産の川上、川下業界の見地から交流を図り、オフィスについての研究を深める。

組織図

組織図

主な活動

  1. 1)JOIFAマーク活用の研究
  2. 2)JOIFA標準使用期間の研究
  3. 3)JOIFA環境自主行動計画の推進
  4. 4)オフィス家具におけるリサイクル法への対応の研究
  5. 5)中古家具取り扱いに関する考え方の研究
  6. 6)グリーン購入法JOIFAグリーンマークのPR方法の研究
  7. 7)安全で快適なオフィスづくりに役立つ家具の提案・推奨
  8. 8)クリエイティブ・オフィスの普及
  9. 9)オフィスセキュリテイの研究
  10. 10)JOIFA統計、業況調査の実施
  11. 11)オフィス管理士資格制度の研究
  12. 12)グリーン購入法の品目、判断基準など研究
  13. 13)家具関連JISの制定及び改正(業界事務局)
  14. 14)TC136ISO規格の検討及びJIS化
  15. 15)海外オフィス家具製品事情の研究
  16. 16)特許事情、模倣品状況の研究
  17. 17)日経ニューオフィス賞受賞企業の見学会の実施
  18. 18)合法性・持続可能性の証明に係わる事業者認定の推進
  19. 19)合法伐採木材の流通及び利用促進
  20. 20)その他

提供する価値

沿革

1956年 鋼製家具事務器工業会設立
1962年 初めてJIS認可工場として10社が認定
オフィス家具業界から3社の製品がGマーク適用
1968年 鋼製家具事務器工業会を解散し日本金属家具工業組合設立
1978年 日本金属家具工業組合設立10周年記念式典
1986年 「椅子の座面形状計測装置」を発表
通産省「ニューオフィスに関する提言」を発表
1990年 日本金属家具工業組合を解散し(社)日本オフィス家具協会設立
「オルガテック」にJOIFAブース出展、視察団派遣
1996年 FEMB(ヨーロッパオフィス家具連合)会議にてJOIFA会長が日本の業界について講演
イタリア家具産業視察団派遣
1999年 「ビジネスショー99」にJOIFAブース出展
JOIFA番号登録規定を制定
2006年 JOIFA特別講演による第1回「オフィスセキュリティEXPO」開催
業界結成50周年記念式典
2013年 一般社団法人日本オフィス家具協会に移行

ページの先頭へ