独立行政法人高齢・障害・求職者雇用支援機構より中小企業等の生産性向上に関する課題や人材育成ニーズに対応するための生産性向上支援訓練についてのご案内がありました。

(2017/08/10)

平成29年4月から独立行政法人高齢・障害・求職者雇用支援機構では、全国の職業能力開発促進センター及び東京支部に開設した生産性向上人材育成支援センターおいて、中小企業等の生産性向上に関する課題や人材育成ニーズに対応するための職業訓練(生産性向上支援訓練)を民間機関等に委託して実施しています。 この生産性向上支援訓練は、「生産・業務プロセスの改善」、「労働時間や労働投入量の効率化」、「売上げの向上」をテーマとした生産性向上に資する36のカリキュラムの中から、企業の抱える課題等に対応したカリキュラムを利用者に選んでいただき、生産性センターと相談しながらカリキュラムの内容をカスタマイズし、実施条件を調整して訓練コースを設定します。

設定した訓練コースは、一定の要件を満たす民間機関等に委託して実施します。なお、募集は利用者のご要望により訓練実施計画を個別に作成していきますので、随時受付を行っています。ご利用の相談は最寄りの生産性センターにお問い合わせください。

生産性センター東京支部版リーフレットPDF

<事業紹介のホームページ情報>

独立行政法人 高齢・障害・求職者支援機構

東京支部 生産性センター(生産性向上人材育成支援センター)

 

ページの先頭へ